日創研主催 新春経営者セミナー

1月19日~21日の3日間は、毎年恒例の日創研主催 経営者セミナーです。今年も3年連続で参加しております。そして毎年 多くの気づき・学びを深めており、元気と勇気を頂いております。

今年のテーマ「人生すべて挑戦である」~信念を貫く~

今回の参加目的
1.自分に活力を与え、自分自身を奮い立たせること
2.一つでも多くの気づき・学びを自社に落とし込むこと
3.多くの出愛から「縁」と「絆」深め、経営資源にすること

感動したこと
1.日創研の演出・応対・各種サービスの改善・進化
2.各講師の講演(特に渡邉美樹氏・佐藤正樹氏・古賀稔彦氏・吉川廣和氏・永田良一氏)
3.感動イベント {心に残るありがとう 選考会・焱太鼓・同窓会}

気づき・学び
1.自分の人生における明るいビジョンを持ち、一生涯を懸けて達成させることに使命感(ミッション)を持ち、情熱(パッション)を燃やし、そこに必ずや幸せになるという確信を持ち挑戦し続けること。=継続こそ力なり!
2.夢を見つめ、夢に日付を入れて死ぬ気で努力すること=一生懸命!
3.「負」エネルギーを【プラス】のエネルギーに変える そこに感謝がある 全ては自分!
4.老舗⇒新舗 時代の変化に対応していく=時流適応!
5.経営者の健全な価値観・正しい倫理観=三位一体のありがとう経営が生まれる!

今回も多くの学び・気づきを得て、自社・自分・家族・お客様・地域に活かして参ります。誠にありがとうございました。

学び続ける仲間

学び続ける仲間今週,2009名古屋業績アップ卒業の仲間と一年半振りに再開して同窓会を、開きました

T氏は早期発見の癌が見つかり,速やかに対応しとても健康になられました。精神的にも,とても強い経営者に成長し全国展開と言う高い志を、掲げて行動しています。

そして今は東京で幹部さんと理念塾で学ばれて理念体系を社内に浸透しております。その為業績も絶好調です。

F氏は、同じ21TTコースの仲間です。自動車関連の方、業績アップの時よりも利益は数段回復しています。しかし、ピーク時から見るとまだまだと言っていますが、業績アップのおかげで利益体質になっています。

マネジメントコーチングで学ばれ、社風の改善を図り、田舞塾のK氏から教えていただき,海外進出,国内需要の深堀りと夢を広げています。

S氏は、昨年の明徳塾の講師の石川洋先生の基に学ばれて、自分の縁と絆の経営資源を、フルに活用してしっかりと成果を上げています。

ビジョンもとても広大で聴いているだけでワクワクドキドキします。こんな素晴らしい仲間が、私にいっぱいの勇気と元気を、与えてくれています。

去年に引き続き、沖縄ビジョンセミナーへ幹部さんと4名で参加して弊社のビジョンを共有していきます。そして、自分の持つ使命感と向き合って参ります。

私は田舞代表から教えていただきました。縁と絆を大切にして今後とも学び続けて参ります。また皆様との出愛を、大切にして行きます。

『2011年の抱負』

新年明けましておめでとうございます。
旧年中はお世話になり誠にありがとうございました。
本年も宜しくお願い致します。

本年の『私の目標』です。今年も「縁」と「絆」大切にします。
そして「縁」と「絆」から生まれる「経営資源」活用します。

今年の仕事の目標
1.経営理念体系の浸透(将来の方向性と健全な価値観、正しい倫理観の共有)
2.OJT、OFF-JTを通しての社風改善
3.理念体系に沿ったみんなで考えられる戦略・戦術の仕組みづくり

その為の行動
隔月の社員さんの面談
店長会、幹部会、仕組みづくりの活性化
自らが学び続けていきます

今年人間関係の目標
1.「縁」と「絆」を大切にして「経営資源」を広げていきます
2.誠実な対応を心がけます
3.率先垂範して、ラポールが取れる環境を瞬時につくります

今年の家庭面での目標
1.会話を大切にしてお互いを尊重します
2.時間がないといわず話を聴きます
3.毎日、笑顔挨拶をします

今年の13の徳目は、10番の【誠実】です。
自分自身が自ら誠実な対応を心がけて、皆様方を初め全ての人に接していきます。

大好きな友人の結婚式

大切な友人の、結婚式に参列させていただきました。大阪リッツ・カールトンホテルであるということでワクワクして参列させていただきました。

新郎新婦の温かいご配慮、心配りが人の温もりを感じました。そしてとても感動しました。ありがとうございました。(^O^)

湯の口弘二講師の乾杯のお言葉、幸せの原則は二つある。それは、コツ。コツ。である。意味のある言葉、素直に受け止めることが出来る言葉、忘れていた言葉でした。

楽しい会話、肯定的な会話が美味しい美味しいお料理と共に会話が弾みます。

新郎の列席者は同じ学びの、仲間である日創研の仲間が大半であり、友人が多く、「縁」と「絆」を感じました。

リッツ・カールトンホテルの感動のサービスは4, 5年前に高野支配人の話を聴き、そして大阪リッツ・カールトンホテルに泊まり、その感動を実感しました。

しかし、月日が流れ結婚式場のサービス競争が激化し、よりお客様ニーズ、お客様満足を進化させた式場が残れる時代、他社の良いサービスをいち早く受け入れ、自社独自のサービスも開発していく時代です。

お客様満足を向上させ続けている式場が残る時代になりました。一寸したおごりが命取りになり「魔」が刺します。

私の尊敬するアイ・ケイ・ケイ株式会社の金子和斗志社長様は、お客様の心理を得て改善改革しております。あの4~5年前にリッツ・カールトンホテルは最高のおもてなし・至高のホスピタリティーであった。

しかし、経営理念を浸透させ、社風を改善し、人財教育をしていき、現場が考える力を得て、理念に沿った戦略・戦術を立てられる社風・現場力・管理力・社長力の三位一体の会社があのリッツ・カールトンホテルを超えるサービスを生み出す。

すぐには追いつくことは出来ない!しかし、5年、10年、20年、30年と念いをはせれば必ず、そこには高い志がある。高い志を持ち進むことで夢は必ず叶う!

夢を叶えて行き、企業を成功させるには、(1)経営理念体系の確立が不可欠 (2)健全な価値観である理念体系に基づく社風の改善・人財育成 (3)現場・管理者・社長の三位一体で考える経営戦略・戦術それをPDCAサイクルでスパイラルアップしていく。

これが、出来れば企業は必ず成功すると私は確信している!この為に会社経営をしていく。リッツ・カールトンホテル、アイ・ケイ・ケイ株式会社はその典型的な実例であり、自分自身を学ぶところが多い、大好きな友人の結婚式でした。

末永くお幸せに!ありがとうございました。