田舞塾 「城山観光HOTELの再建」

城山観光HOTEL 伊牟田 均会長

3月の田舞塾は、鹿児島市でありました。何回か田舞塾で会場HOTELに使っている城山観光HOTELに泊まりました。泊まるたびにどんどん快適になっていくサービス・スタッフの表情・施設はどうしてだろうと感じていました。

今回はその再建をした伊牟田会長の再建の仕方の講演会でした。

会長は野村證券に入社し、シンガポール野村證券の社長を務め、2008年主要株主からの要請で、城山観光HOTELの副社長➡2009年に社長に就任して、再建を果たしました。

*その再建策

① 社員の意識変革とボトムアップ

② 人事制度の取り組み

③ 社内プロジェクトチームの発足

④ 理念の確立と浸透

⑤ 社長が率先して「お客様の話」を聴くこと

⑥ 全社員参加型の組織」への変革 ES(社員満足:スポーツ・グルメのサークル+補助)➡CS(顧客満足を高めるプロジェクトチームの活性化)➡業績向上に繋がっていく。

*具体的に行ってきたこと

①毎年一回の社長への要望:社員の要望を聴き入れ、改善していく(ESの向上)

②ONLINEの活用:自社サイトの活用と収益性の見える化

③人口減・少子高齢化対策:対策としてインバウンド(外国人旅行者)へ対応していくこと。特に台湾・香港への雑誌・ONLINE対応強化

④インバウンド(外国人旅行者)に対して大切なこと:人間性である(世界での共通は、コミュニケーション・思いやり)決して英語の能力ではなく、人間の誠実さ・信頼関係づくり、ラポールであること。

田舞塾の講演会で伊牟田均会長から学ばせていただきました。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です