ライザップさんの講話

船井総研経営戦略セミナーで、今話題のライザップさん社長の瀬戸健社長の話を聞いていました。皆様とそれを共有します。ライザップグループは創業15年 年商が1500億円 自己実現のために「人は変われる」と言うお話を聞いてまいりました。

社長の瀬戸さんは高校時代から失敗の連続だったって言っています。成績は下から数えた方が早い劣等生でした。初めて彼女から告白されていました。その彼女は身長が152センチ体重70キロで、自分の夢は痩せたいと思ってるんだけどできない言うところに彼はサポートします。彼女が痩せたいと言う事に向かって、励ましあい ささえあい そして、彼女を支えたのでした。すると彼女はその支えに対して努力をして 2人で頑張って43キロになりました。

その彼女は自己実現して43キロの素晴らしいボディを見つけました。すると彼女は瀬戸さんを突き放して、新しい彼氏を見つけました。その理由は高校生よりも大学生のかっこいい言うことでした。凄いショックを受けました。

瀬戸社長はそのことに奮起して、3教科に特化して一生懸命勉強して明治大学に合格しました。自分で無理だと思えばやりませんし、できません。しかし、自分に肯定的にやれる!できる!考えてやり続けていくことで、結果 成果が出ることにこのとき気がつきました。

大学のアルバイト時代は、お前は明治大学の学生なのに常識 世間知らずだ!知識が全くない言うことを周りの人からたくさんのフィードバックをもらったそうです。それを彼は肯定的に考えて行動に移します。どうすれば知識がつくのかを考えます。

それを 本を読むことに当てます。しかし全くできなくて直ぐに寝てしまいます。彼はできることを考えて、本を開くだけから始めたそうです。そして毎日毎日本を開いて寝る。開いて寝る状態が続きます。しかしそれがルーティンになり、やり続けました。半年経った時に、遂にに20冊以上の本を読むことができました。自分の中に知識が入ってきました。自分の器が大きくなりました。

これが相当自信につながりました。そして結婚した彼はTシャツを買いにユニクロに行きます。Tシャツを10枚買って、自分の将来の夢を描きます。例えば、6年先に上場企業の社長になる!新しい車に乗る!家を立てる!などを書いて、それを毎日着たそうです。そうするとそれが道しるべになり、夢がどんどんどんどん叶っていきます。

夢が叶うのです!それが28歳で上場企業の社長になりました。そこには自分の信念がありました。誰も信じてくれないが、自分で自分の可能性を信じていく。そのために何をするか自分で決める。自分のできる事をどんどんどんどんやっていく、すると自己実現=夢 ビジョンが叶うのです!

この会社はダイエットクッキーを売り出しました。年に60,000,000円の売り上げから、3億になり、そして8億そして上場して、20億になり上場しました。更に100億を目指します。100億になりました。ただし広告宣伝費が61億も使いました。そして次のステージの300億を目指しているときに、売り上げが一気に下がり出します。

それは同じような類似商品の競合他社がどんどんどん膨れ上がってきたからです。気がつけばあった売り上げが20億に なって行きます。人はどんどんどんどん辞めて行きました。そんな時に、2人の社員から社長の夢を聞かれます。2人の社員に「俺は絶対成功する」「人は変わる」と言うビジネスを始めようと言うことでライザップをつくります。

瀬戸建社長は言います。「自己実現は必ずできる」「必ず自分はできる」「自分を信じる」「失敗を活かす」「何事にも一生懸命する」「結果成果は必ず出る」「結果成果にコミットしていくその時のプロセスが大切なんだ」「全ては自分に中にある」スタッフと真剣に向き合うことをしていたのが今のライザップの精神です!

皆さまはどう感じました。瀬戸健社長は特別ですか?あなたは何をしますか?何が出来ますか?自分のやりたいことを磨くすると自分の特性が生まれます。その特性 スキルを弊社の進む方向と合わせて行きましょう人生は一度限りです!この話をどうするかはあなたの選択です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です