『頂点への道』 スタンダートコース(再受講2回目)

昨年、6月に富山市で友人から「青木仁志社長の講演会」があると聴き、受講して来ました。そのとき私の探していたものは、これだ!と確信しました。

それは以前から社内でささやかれている「やらされ感」「遣り甲斐・生き甲斐・働き甲斐」年々増加するゆとり教育世代に対してのベクトル合わせへの危機感でした。

 それがアチーブメント ピラミッドを観たとき、そして外的コントロール➡内的コントロールであると講演で聴いて、はっとして自分の探し求めているものに出愛ました。

 昨年8月のお盆の時は他社のセミナーが無く、スケジュールも空いていたからすぐに申し込み、今年2月には名古屋で長男と受講、8月には次男と再受講しました。他社との学びの仲間も多く参加していました。

 今回は次男と3日間、同じテーブルの向かい同志で受講しました。

3回目ということで、自分のアイデンティティー(われは何者か?)自分の使命・夢・ビジョン・手にしたいものは何か?を探り、

自分自身の10年計画・それに向かう1年計画➡毎日のできること・やれることを書き出しました。

 初受講の時よりどんどん明確になっていきます。そして、アチーブメント手帳の活用から、日々の実践(出来ること・やれること)増えていきます。

どんどんと自分をアファーメーションして、肯定的に建設的になっていくことを実感します。

 そして、世界中の金持ちが大切にしている言葉『誠実』であることを聴き、自分の足りなさを実感しました。

そしてこれから先の人生を『誠実』に生きることを決めました。

 また自分自身を愛し、パワーパートナー(妻)を愛し、家族を愛することで、会社のスタッフ・隣人を愛することも学びました。

もっと妻を大切に尊重し、お互いを支え愛・助け愛・励まし愛・認め愛・許し愛の出来る間柄になります。

そして誰よりも家族の幸せ・会社のスタッフとその家族の物心両面の幸せづくりを邁進します。

 途中のセッションで次男と一生分のストロー・褒め愛・認め愛が出来たこと・自分の幸せの実感が人を幸せに導けることを学び・気づきました。

とっても充実した3日間でした。

ありがとうございました。

次回は11月に再受講3回目をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です