大好きな友人の結婚式

大切な友人の、結婚式に参列させていただきました。大阪リッツ・カールトンホテルであるということでワクワクして参列させていただきました。

新郎新婦の温かいご配慮、心配りが人の温もりを感じました。そしてとても感動しました。ありがとうございました。(^O^)

湯の口弘二講師の乾杯のお言葉、幸せの原則は二つある。それは、コツ。コツ。である。意味のある言葉、素直に受け止めることが出来る言葉、忘れていた言葉でした。

楽しい会話、肯定的な会話が美味しい美味しいお料理と共に会話が弾みます。

新郎の列席者は同じ学びの、仲間である日創研の仲間が大半であり、友人が多く、「縁」と「絆」を感じました。

リッツ・カールトンホテルの感動のサービスは4, 5年前に高野支配人の話を聴き、そして大阪リッツ・カールトンホテルに泊まり、その感動を実感しました。

しかし、月日が流れ結婚式場のサービス競争が激化し、よりお客様ニーズ、お客様満足を進化させた式場が残れる時代、他社の良いサービスをいち早く受け入れ、自社独自のサービスも開発していく時代です。

お客様満足を向上させ続けている式場が残る時代になりました。一寸したおごりが命取りになり「魔」が刺します。

私の尊敬するアイ・ケイ・ケイ株式会社の金子和斗志社長様は、お客様の心理を得て改善改革しております。あの4~5年前にリッツ・カールトンホテルは最高のおもてなし・至高のホスピタリティーであった。

しかし、経営理念を浸透させ、社風を改善し、人財教育をしていき、現場が考える力を得て、理念に沿った戦略・戦術を立てられる社風・現場力・管理力・社長力の三位一体の会社があのリッツ・カールトンホテルを超えるサービスを生み出す。

すぐには追いつくことは出来ない!しかし、5年、10年、20年、30年と念いをはせれば必ず、そこには高い志がある。高い志を持ち進むことで夢は必ず叶う!

夢を叶えて行き、企業を成功させるには、(1)経営理念体系の確立が不可欠 (2)健全な価値観である理念体系に基づく社風の改善・人財育成 (3)現場・管理者・社長の三位一体で考える経営戦略・戦術それをPDCAサイクルでスパイラルアップしていく。

これが、出来れば企業は必ず成功すると私は確信している!この為に会社経営をしていく。リッツ・カールトンホテル、アイ・ケイ・ケイ株式会社はその典型的な実例であり、自分自身を学ぶところが多い、大好きな友人の結婚式でした。

末永くお幸せに!ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です